スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パリを愛した画家たち」 

大丸ミュージアム心斎橋で行われている美術展「パリを愛した画家たち」へ行って来ました。

「エコール・ド・パリ」

私は美術的背景には詳しくないので知らなかったが、20世紀初めに諸外国からパリへ渡った画家たちは広くそう呼ばれるそうである。

今回の美術展の図説から引用すると、エコール・ド・パリ(パリ派)の盛期は1920年代で、モディリアニ、シャガール、キスリング、ヴァン・ドンゲン、藤田嗣治らがこれにあたる。


作風に共通性はないが、そこはかとなく哀愁をたたえ、故国の伝統が影を落とし故郷喪失者的雰囲気を持っているという共通性がある。

その意味で、フランス人ながら、ユトリロ、ローランサンもこの仲間とされるらしい。



今回気に入ったものを何点か記事にしてみようと思う。(画像は購入した図説を撮影したもの)


utrillo今回の美術展では1点しか作品はなかったが、やはりユトリロの絵は印象的だった。これはユトリロの「オルジャン通り」

10歳の頃からアルコールを飲み17歳でアルコール依存症になり入退院を繰り返していたと言うユトリロの人生が伝わってくる気がした。
どことなく平面的で淡々としている感じを受けた。


vliminckモーリス・ド・ヴラマンクの「雪景色」

もしかしたら今回の美術展の作品では一番好きかも知れない。
画像ではわかりにくいと思うけれど、はっきりした色彩が目を引いた。暗い色彩なのだけれど、鮮やかさがあって力強さが感じられた。


weisbuchクロード・ワイズバッシュの「バイオリン弾き」

セピア調の色彩で一見するとあまり目立たないのですが、奏者が今にも動き出しそうな勢いがある。この絵を見た時に、この人はどんな曲を演奏しているのだろう、と考えてしまった。絵って素晴らしい。


他にも日本人の作品も多々あった。その時代にたくさんの日本の画家の卵たちが絵を勉強するためにパリへ渡っていたのだと思うと、なぜか感慨深い。
きっとフランスも日本も今ほど便利で自由で裕福ではなかっただろうが、憧れのパリへ渡った日本の画家たちは本当の意味で自由で裕福だったのかもしれない。


そんなことをふと思った美術展でした。

スポンサーサイト

第17回AEAJインストラクター二次試験 

一次試験の内容はあまり覚えていないので、二次試験で出題された問題を覚えている範囲で書こうと思います。


●ジャン・バルネについて

1.ジャン・バルネの活動を50字以内で述べよ。

2.ジャン・バルネがアロマテラピーに対し示した姿勢および注目した製油の有効性について25字以内で述べよ。

3.ジャン・バルネの著作のタイトルを書け


●ペパーミント精油について

1.検定テキストに記述されている科名を書け

2.検定テキストに記述されている成分を3つ挙げよ

3.検定テキストに記述のある(協会が定めている、だったかも…)濃度の上限は何パーセントか。


●ゼラニウム精油について

1.検定テキストに記述されている科名を書け

2.検定テキストに記述されている成分を3つ挙げよ

3.抽出方法は?


●油脂および月見草油について

1.油脂の主成分は何か

2.1の答えの構造について30字以内で述べよ

3.不飽和脂肪酸の特徴と酸化の特性について30字以内で述べよ

4.必須脂肪酸を2つ挙げよ

5.月見草油に含まれる特徴的な不飽和脂肪酸の名称を書け

6.5で答えた不飽和脂肪酸の二重結合の数は何個か

7.5で答えた不飽和脂肪酸が代謝されてできる生理活性物質の名称を書け


●アレルギーについて

1.アレルギーの原因となる物質の総称を書け

2.1に対し抗体を作るためB細胞が分化する。その分化細胞の名称を書け(問題がどのように書かれていたか忘れました。確かこんな感じで出題されたような…)

3.Ⅰ型アレルギーにおいて2で答えた細胞が産生する抗体の種類の名称を書け

4.3で答えた抗体がマスト細胞に付着した状態を何と言うか

5.4の状態で1で答えた物質が結合すると放出される物質の名称を書け

6.Ⅰ型アレルギーに分類される疾患を2つ書け

7.アナフィラキシーショックとはどのようなものか。40~50字で説明せよ


●免疫について

1.白血球の中で、特異的防御機構で中心となりはたらく免疫細胞の総称を書け

2.1で答えた免疫細胞の中で、司令塔的な役割を果たす細胞の名称を書け

3.白血球の約55%を占め、食作用があり膿に関係する免疫細胞の名称を書け

4.白血球中、食作用を持ち、最も大きな免疫細胞の名称を書け(血液中の名称)

5.後天性免疫不全症候群とはどのようなものか。40~50字で説明せよ



出題のされ方などあいまいな点は多いですが、覚えているものを書いてみました。ちなみに順番などは適当ですので悪しからず…。

インストラクター試験 

私のブログの更新を滞らせていた原因「アロマテラピーインストラクター試験」を今日受けてきました。

合否はどうあれ、「やっと終わった~」という解放感でいっぱいです。


家に帰って答えあわせをしてみたら、「うわぁ~!」と思うほど間違えてたので多分不合格なのですが、まあやれるだけのことはやったので自分の気持ちとしては満足です。

妙にすっきりしてます(笑)


私と同じように独学で受験されている方も多くいらっしゃいました。まだまだ少数ですが、男性の受験者もいらっしゃいました。
皆さん本当にお疲れ様でした。


で、今後独学でインストラクター試験を受ける方の参考にしていただけるように、私の覚えている範囲でどんな問題が出題されたか別の記事に記録に残しておこうと思います。


とにかく終わった。やれやれ。

聴きたい音楽がたくさんあるので、これからはまた音楽三昧の日々を送りたいと思います。




SHIPPING NEWS 




もうすぐ来日しますね、the shipping news。

試験の間近にライブが(京都公演は試験当日…さすがに試験後はぐったりしそうなので今回はパス)あるので泣く泣くあきらめましたが。

ということで、今日はthe shipping newsの2005年リリースの3rd「flies the fields'」を。


the shipping newsは、96年に元rodanのJeff MuellerとJason Nobleが中心になってルイヴィルで結成した3人組。
(余談ですがrodanと言えば私の大好きなTara Jane Oneilが在籍していたバンド。<Tara Jane Oneilについて書いた記事はこちら>)

このアルバムでは元the for CarnationのTodd Cookが加入して4人編成に。


アルバムの感想は簡単に言うと、暗く、重い。でも格好良い。


ダークでずっしりと重くのしかかってくる音。

じわじわ迫ってくるなんとも言えない緊迫感。

時折溢れ出すかのように爆発し、波が引くように静かに引いていく。
そして次の爆発に備えて水面下でエネルギーを溜めている。


不穏さで言えばclearlakeの「cedars」にもひけをとらないだろうと思う。(「cedars」についての記事はこちら)


全体的には緊迫した重い空気が流れているけど、荘厳で美しい。



気になった方は是非視聴してみてください。

試聴はこちら(touch and go records)
(the shipping newsの他に、the for Carnation、先日紹介したdirty three、Tara Jane Oneil、june of 44、pinbackなどなど、素晴らしい音楽が聴けたり観れたりします。)

DIRTY THREE 



私が更新をサボっている間に、気付けば3月に突入。
早いですね。

最近は黙々と勉強の日々を送っていました。

普段使わない頭をフルに酷使しているせいか、なんだか最近妙な疲れ方をしている。
体の疲れというのは一晩眠ると何とかなるものだけれど、脳の疲れや精神的な疲れはどんどん蓄積されていくように思う。

楽天家の私でもこういう風に感じるのだから、そうじゃない人たちはとっても大変だろうと思う。



前置きが長くなったが、今私が感じている「疲れ」を緩和してくれるのがこのアルバム。

dirty threeの「ocean songs」

dirty threeはオーストラリアのインストバンド。ヴァイオリン、ギター、ドラムの3ピースで構成されている。


このバンドも私にとって、とても重要なバンド。
初めてdirty threeを聴いた時は、「退屈」にしか感じなかった。(私にはこういう事がよくある)

そもそも、その頃はインスト自体が嫌いだった。歌も入っていないのに何が面白いんだろう?と思っていた。
たまたま中古屋で安く売っていて、何も知らずに購入したのだと思うが、完全に聴く時期を間違えていた。インストが嫌いなのに聴いたって少しも面白くないからだ。


初めから脱線してしまったようなので、話を戻そう。

私はdirty threeのアルバムを全部聴いたわけではないが、聴いたことのある数枚の中では、この「ocean songs」が群を抜いて好きだ。

ヴァイオリンに重点が置かれ…というかヴァイオリンがこのアルバムを支配していると言っても過言ではないと思う。

ゆっくりと静かに進んでいくが、不思議と「ゆったり」というイメージはない。

美しくて雄大なのだけれど、ただ聴いていて「美しい」という幸せな気分になれるものではないと思う。
物悲しくもあり、感情的でもあり、追い詰められるような緊迫感もある。


轟音なわけでもない。
めまぐるしく展開が変わるわけでもない。
勢いを感じられるものでもない。


なのに、感情を激しく揺さぶられる音楽。

時には体温を奪われるようであり、時には発熱しそうでもあり…。



これは私の超個人的な想いだけれど、ジェフ・バックリィの「うた」とdirty threeのヴァイオリンの「うた」は重なって聴こえる。

言葉で言い表すのがとても難しいのだが、この2つに同じものを私は感じる。

何年聴いていても良さが衰えない。むしろ聴くたびに良さを痛感するアルバム。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。