スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 

最近、ブログの更新が停滞しまくっています。

マメに覗いてくださっている皆さん、すみません。


自分でもなんでこんなことになっているのかわからないぐらい忙しい。

それに加え、2、3日前から首が動かない状態になってます…。
常に不自然な動きをしていて、自分でも笑えます。
特に、後ろから声をかけられたときに身体ごと大袈裟に振り返ってしまうのが情けないやら、可笑しいやら…。


明日は首がまともな動きをしてくれるように願って、眠りにつきます。
スポンサーサイト

DESTROYALLDREAMERS 

coeur leger sommeil sanglant

今日はdestroyalldreamersの2004年リリースの1st「a coeur leger sommeil sangrant」を紹介。

destroyalldreamersはカナダのバンド。


一応ポストロックとかアンビエントとか呼ばれる音楽になるのだろうが、この「ポストロック」という言葉は非常に曖昧で、なかなか正体がつかめない。

つまり、私はいつも表現が難しい音楽にはこの言葉を使っているというわけ。


このdestroyalldreamersもその1つで、果たして私の少ないボキャブラリーと、貧弱な表現力で伝えられるのかどうかは非常に疑問が残る。
(ま、いつもそうなので、あえて今回だけ気にすることではないのですが)


全曲インストです。

なんとなく雰囲気的には以前記事にしたpillowに近いものがある。

静と動のバランスが良いところとか、盛り上がりの部分のメロディーの素晴らしさとか、感情的なギターとか、共通点が結構ある。

ただ、pillowに比べ曲は長めだし、どちらかというとじわじわと盛り上がってくる感じがdestroyalldreamersの方が強い。

シューゲイザーっぽい感じもあるのですが、個人的にはそんなにシューゲイザーの色は強くない気がする。

私の思うところのシューゲイザーというのは、幻想的で、浮遊感があって、頭の中でリフレインされる甘いメロディーがあって、ヴォーカルがはっきり聴こえない…まあ、簡単に言うとmy bloody valentineのような音楽、ということです。


実際浮遊感はあるものの、ただユラユラ、フワフワしているのではなく適度な硬さと重さがある。
浮いているというよりは、空気が微妙に揺れているといった感じ。


私がこのバンドの音楽が好きなのは、

1.全部の楽器がメインになっている。

2.音の足跡が美しい。

という2つ。


1.に関しては、曲の中でいろんな音が交代で前面に出てくる。
このバンドのギターが特に素晴らしいと思うが、ギターが完全に他の音を引き立てる脇役になっているときもある。もちろん主役としての働きも素晴らしい。


2.に関しては、音がじわじわ広がって消えていくまでの軌跡が素晴らしい。スッと光が1本通るような美しさ。そこに儚さを感じたりもする。


もちろんメロディーに漂う哀愁感や、感情的に鳴らされるギターも素敵。


でも、やっぱりじわじわと巨大な空間に広がって通り抜ける音の数々。
これが好きです、私は。


続きを読む

駄文 

最近、休みがあまりない。


といいながら今日は休みだったのだけれど、ぼけっと音楽を聴いたり、仕事をしていたりで終わってしまった。(最近は休みの日でも家で仕事をしないと間に合わない…ふぅ~。)


せっかくの休みなんだから外に出ればいいのだけれど、これがなかなか億劫なのだ。

やりたいことは山ほどあるのに、ついだらだらしてしまう。


映画も観にいきたいし、美味しいものも食べに行きたいし、緑が多い公園にも行きたいし、ヨガにも行きたいし、シャガール展にも行きたい…。


言い出すときりがないなぁ。



そうやって、うだうだ言ってる間に観たい映画の上映期間は終わり、公園は暑くてとてもじゃないけどのんびりできない状況になり、シャガール展は終わるのだ。


せめて、1日が36時間あればゆっくりできるのに。


と今は思う。

PILLOW 

pillow

少し前にpillowの話題が出たので、今日は彼らの2005年リリースの1st「pillow」について書いてみる。

まず、pillowはベルギーのバンド。

メンバーは以下の5人

aurlien (dr)
sylvain (key, g)
cedric (b)
dimitri (g)
guillaume (g)


2004年から活動しているらしい。

彼らが影響を受けたアーティストとして、Explosions In The Sky、Interpol、 dEUS、 Radiohead、 GYBEなどの名前が挙がっている。

私の感覚ではExplosions In The Sky、GYBE、Mogwaiに近い感じがする。


このpillowというバンド、曲の構成が上手いというか、盛り上がりの部分に持っていく前の一瞬の音が素晴らしい。
どちらかというと、じわじわ時間をかけて盛り上げていくタイプではなく(曲自体が短めだというのもあるが)わりと急にテンションが上がるタイプだと思う。


静かに落ち着いた感じの部分と感情的な部分の差が激しい曲もあるのだが、不自然な感じはあまりしない。
「ここが曲の見せ場」というところがはっきりしていて、起伏があるので聴いていて退屈になることがない。

感情的というか、破壊的な音を出しながらも繊細さや美しさも見えるところが素晴らしい。

ギターの音も良いのだが、いろんな表情を見せるドラムが好きだ。


曲の後半から広がってくるサウンドが心地よい2曲目「enjoy」

物悲しく幻想的なメロディーから、突如疾走する3曲目「corner fire」

細かく刻まれるドラムから始まり、グルーブを増して加速していく9曲目「allah deus」


どの曲も陶酔できる素晴らしい曲だと思う。



試聴はこちら(オフィシャルサイト)


my spaceでも試聴できます。


RADIOHEAD 



radioheadの93年リリースの1st「pablo honey」

最近やっと暖かくなってきたので、昼休みに散歩がてら音楽を聴いている。

なぜか最近radioheadが気分に合うようで、散歩の時はひたすらこのアルバムを聴く。


私は彼らのアルバムの中では「the bends」か「ok computer」が好きだ。(どちらのアルバムが好きかは気分によって変わる。)

そして、それは今までずっと変わらなかったのだけれど、ここにきて「pablo honey」が一番好きかもしれない、と思うようになった。

困った。

傍から見れば別に困る必要なんて全然ないだろうと言われるのだろうが、私は困るのだ。

ふとradioheadのアルバムを聴きたいと思ったときにどれを聴こうか迷ってしまう。
全部そのときに聴ければいいのだろうが、とてもじゃないけど今はそんな時間がない。

「pablo honey」「the bends」「ok computer」の中から特に好きな曲をピックアップしてCD-Rにでもすればいい、と言われそうだがそれは嫌だ。

まあ、単なるわがままなのですが…。

とりあえず、この人たちは良いアルバムを出しすぎている。


「ロックは退屈だ」とか、いつかトム・ヨークは言っていたが、なんだかんだ言っても彼らの創る音楽の基本は、このアルバムから変わっていないような気がする。

確かに「ok computer」からエレクトロニカ的なアプローチが増えて、「kid A」ではさらに鮮明になった。「amnesiac」「hail to the thief」では突き進んでしまって完全に独自の世界に入り込んでしまった感じもする。


これは私が個人的に思っていることなので、適当に聞き流してもらいたいのですが、言葉がなくても伝わる音楽をradioheadはずっとやっていると思う。

トム・ヨークのヴォーカルは、radioheadにとって重要なものだと思うけれど、彼のヴォーカルを取っ払ったとしても、やっぱりradiohead以外の何でもないと思う。

音楽そのものがトム・ヨークのヴォーカルのような気がするのだ。


ふぅ~、あまりに上手く書けないのでこれ以上そのことについて書くのは止めよう。(なんか最近こんなのばっかり)


彼らはあまりにも有名だし、今更私が何を書いたところでどうなるものでもない。
それに、アルバムのレビューはいろんなサイトやブログでやっているので、そういうところを見たほうが参考になるだろう。

最後にこのアルバムで、私が特に好きな曲だけ書いてみる。

一瞬ジェフ・バックリィのファルセットを彷彿させるトム・ヨークの声が印象的な1曲目「you」

微妙な曲調の変化が素晴らしい6曲目「any one can play guiter」

どちらも素晴らしいです。はい。


今年は新しいアルバムも出るようなので、今から楽しみだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。