スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GREGOR SAMSA 



gregor samsaの3曲入アルバム「27:36」

去年の暮れあたりから嵌ってしまい、ほぼ毎日のように聴いている。

友人からは「3曲しか入っていないのに、そんなに毎日聴いていてよく飽きないね」と笑われるが、好きなのだから仕方がない。


ゆったりと沈んでいくような音に透きとおる女性ヴォーカルと、優しく落ち着いた男性ヴォーカル。
まるでヴェールがかけられているかのような幻想的な音。


しっとりした感じから始まり、中盤の美しく切ないメロディと男女混声ヴォーカル、そして最後に全てがグッと盛り上がって消えていく感覚が素晴らしい。


とても感情的な音楽だと思う。



毎日のように通勤途中に聴いているのだが、出勤時に聴くと現実逃避したくなるのでダメだ。

仕事帰りの疲れた身体と心にこの音楽を与えるのが良いと思う。
少なくとも私はいつも仕事帰りにこのアルバムに慰められている。


スポンサーサイト

前回の続き 

今日は前回の続きということで、またまた今年よく聴いていたものを、さらっとご紹介。

改めて振り返ってみると、あまりに忙しいせいか、基本的に美しくゆったりできるものを聴いていることが多かったかもしれない。



flowing seasonspillowの「flowing seasons」
以前に紹介したpillowとは違うのでご注意を。こちらはイタリアの人たち。ポストロックバンドGiardini di Miroのメンバーのソロワークらしい。
美しく切ないメロディにやられてしまった。
女性ヴォーカルと男性ヴォーカルのバランスも良い感じ。
基本的には緩やかで落ち着ける音楽なのだが、ノイズがあることで、少し硬質な感じを受ける。締まりがある、というのだろうか。
ゆるみ過ぎない、心地よい音楽が今の私にはちょうど良い。

試聴はこちら



as if by ghostsdreamendの2004年リリースの「as if by ghosts」
「maybe we're making~」というアルバムも素晴らしいのだが、なぜか今年はこの「as if by ghosts」を聴く回数が格段に多かった。
私にとって、心を揺さぶられる音、とは彼らの音である。切なさと激情と美しさと温かさ、全てを瞬時に感じることのできる音。
このアルバムを聴いていると、たまに混乱することがある。いろんな感情が一気に湧き出るせいだろうか?

試聴はこちら



belongの「october language」
最初は聴いていていまいちピンとこなかったのだが、最近じわじわと良さが浸透してきたように思う。
チリチリとその辺に散らばって消えていきそうな細かい音の数々。
小さな粒子が丁寧に集められ、また放散されるような感覚が好きだ。
周りの温度を下げるような冷たさを感じる音。
繊細な音の震えがこんなに素晴らしいものだとは思わなかった。

試聴はこちら(1曲だけですが…)



rachel'sの「selenography」
リリースは99年とわりと前のものだが、今年はこれをよく聴いたのだから仕方ない。やはり私はストリングスの音色に弱いようだ。特にここ何年かは。
ストリングスの美しく壮大な音が好きなのだが、このアルバムはそれだけではない。その裏側にある恐ろしいような不気味さも醸し出している。
そして曲の展開が素晴らしく、聴いていて飽きない。
このアルバムを聴くとミュージカルを観ているような感覚に陥る。物語の中にいるかのように。

試聴はこちら



他にもいろいろ書きたいものはあるのだが、終われそうにないので止め。

書き出すとだらだらと長くなるので、いくら時間があっても足りない。


本当に亀より遅いペースでしか更新できないが、いつか1枚1枚じっくり記事にできたらと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。