スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAIRVOYANTS 




皆様、明けましておめでとうございます。
ずいぶん久しぶりの更新になってしまいましたが、私は生きてます。

こんなに更新しないブログを覗いてくださっている方々、ありがとうございます。
本当に感謝、感謝です。

こんなブログですが、今年もよろしくお願いします。



では今年最初の記事。


claivoyantsの1st「Your New Boundaries」

彼らの詳細についてはよく知らないのだが、Brian Dunn(vo.g)という人が中心のプロジェクト(?)らしい。

Arab StrapやSongs:Ohia、Mark Kozelekなどとライブをしていたこともあるそうだ。

ちなみにclaivoyantsは「千里眼」という意味らしい。



全体的にゆっくりとした流れの一枚。
精神的にも時間的にも肉体的にも追われているような感覚のある現代の社会のなかで立ち止まること、焦らないことが大切なんだと教えてくれるようなそんなアルバムだと思う。


美しくぽろぽろとこぼれ落ちる音。
深く憂いのある優しい声。

まるで水面が波打つことを避けるように、静かに丁寧に優しく歌い上げられるBrian Dunnのヴォーカル。

サウンドもうたの良さを引き立てているし、うたもサウンドの良さを引き立てていて、すべての音が大事にされている感じを受ける。



私はいつも彼らの音を聴く度に思う。

彼らについて詳しく知らなくてもいい。
歌詞の意味がわからなくたっていい。

ただこの音と、この音から感じる感情を忘れたくない。ずっと。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。