スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deas Vail 



Deas Vailの「All the Houses Look the Same 」

アメリカの5人組。


うぉぉ!私の好きな美しいファルセットヴォイス。
瞬殺されました。

エモとかインディーロックとかオルタナだとかいろいろ言われているようですが、とにかく素晴らしいアルバム。


ファルセットヴォイスをひたすら漂わせるわけではなく、きっちり空気を締めてくれる程良い重さのサウンド。


エモ特有の若さをところどころに感じられるのも良い。

「エモ特有の若さ」って何だ?と突っ込まれると答えに窮するので、エモ好きな人だったらなんとなくわかってくれるよね~
という曖昧な感じに逃げておく。御免。
各々の感覚で感じておくれ。



適度なスピード感と重量感でヴォルテージを上げながらも、5曲目「Shoreline」ではしっとりとしたメロディーで聴かせてくれる。
ちなみにこの曲の最後のファルセットヴォイスが素敵。
最後の最後ですとんと落とされるところも好きだなあ。

そして次の6曲目「A Lover's Charm」では最初から鳥肌もののファルセット。
変調するサウンドとこの曲のヴォーカルは一聴の価値あり!だと私は思う。



アルバム中盤から怒涛のようにあふれ出てくる美しい声にいつも聴き入ってしまう。
そして11曲目「Life In These Little Boats」のこの疾走感。
「反則だろ、これは」と思わず唸ってしまった。


冒頭でも書いたが、思わぬ美声にフワフワと飛んでいかないようにサウンドにしっかり繋ぎとめられている感覚。
このあたりのバランスのよさに感心してしまった。

スポンサーサイト

The Perishers 



The Perishersの「Let There Be Morning 」


The Perishersはスウェーデンの4人組で、この「Let There Be Morning」は2005年リリースの3rd。

この後2007年に「Victorious」というアルバムも発売されているが、私は現在のところ「Let There Be Morning」の方が好きなので、今回はこちらについて書きたい。


叙情的でありながら、なぜか淡々としたメロディーが好き。

特に変わったことをしているわけではないので斬新さや奇抜といった感覚は無い。
斬新なものを探しているかたには無理にはオススメしません。


ありきたりだと言われればそうかもしれない。
たとえばTravisとかThirteen Sensesに似てる、といわれればそうかもしれない。


でもどうしようもなく素敵なのよ、これが。


確かに切ないんだけど哀しくはない。
明るくはないんだけれどダークではない。


感じるのは絶妙なバランスと優しさ。

これに尽きると思う。



空気に溶け込んでいくような熱のないハイトーンヴォイス。
サウンドにも熱は感じられないが、ひんやりしているわけではなく、あくまで平熱な感じ。

どこをとっても無理が感じられないので、本当に落ち着く。


暖かい気持ちにさせてくれる2曲目「Sway」
淡々と紡ぎだされるメロディーが秀逸な4曲目「My Heart」
サビのメロディーとヴォーカルが心地よく広がる8曲目「Going Out」
優しく美しいヴォーカルとサウンドが見事な10曲目「Let There Be Morning」…


とにかく良い曲が多すぎる。


まったりと落ち着きたい気分の時にどうぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。