スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINERAL 



98年にリリースされたmineralのラストアルバム「endserenading」

mineralは1994年、アメリカ、オースティンで結成されます。
翌年、1stアルバム「the power of failing」を発表。
そしてこれが1998年にリリースされた彼らの2ndにしてラストアルバム。


最初は1stの方が好きだったのですが、今ではこのアルバムの方が好きでよく聴いています。

1stより落ち着いた感じはあるものの、究極の切なさ、儚さ、美しさは健在。
あまりの美しさに言葉を失う。
全くもってなんでこんな心に響いてくる音が出せるんでしょう…。



1曲目love letter typewriterはスローに終始落ち着いたペースで進む。

そのまま流れるように2曲目palisadeへ。この曲も全体的にペースは同じですが、後半少し感情の高ぶりをみせる。

3曲目gjs。
ゆりかごに揺られるような心地よいメロディーとヴォーカルがじわじわと広がる。

4曲目unfinishedはこのアルバムの中で1番美しい曲。
一瞬の静寂の後、すうっとまとまるサウンドに鳥肌が立つ。
後半はエモーショナル爆発で、これぞmineralといったメランコリックな展開をみせる。

5曲目forlvadell、6曲目waking to winterはドラムの刻む気持ちのよいリズムに温かみのあるベースとギターが絡み、ドラマティックに進んでいく。

7曲目a letter。
静かに響くベースが心地よい。エモーショナルなギターとヴォーカルが見事に曲の見せ場を作っている。

8曲目sounds like sundayはゆったりとしたメロディーにクリストファーの美声が絡み、後半グッとメロディーが迫り出してくる。

9曲目&serenading。
胸を締め付けるようなメロディーと切ないヴォーカルに思わず泣きそうになってしまう。
そのままフェードアウトし、ラストの10曲目the last wordls rejoiceへ。

10曲目the last wordls rejoice。
ラストにふさわしい静かで温かみのある曲。個人的にはこの曲が一番切なく感じる。
最後にグッと盛り上がったあと、クリストファーの声が残る。

決して1stのような激しさはなく全体的にスローに進んでいきますが、静かにたたみかける様に迫ってくる感情の波に緊張感さえおぼえます。


…これだけのものを作ってしまうと…解散しかなかったのかなと思ってしまう。
そのぐらい荘厳で、美しくて、切ないアルバム。
ジャケットの中にある“we love you・・・b-bye.”の文字に、不覚にも泣いてしまいました。


う~ん、なんか全曲感想を書いてしまった…また長くなってしまいましたね…。
ここまでお付き合い頂いた方々、どうもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

おっ、MINERALだ(笑)

私も最初に聴いたのが「POWER~」で
そっちの方が好きでした。

けど、このアルバムを聴いていて、
(特に4曲目で)
落ち着いてるなぁ~と思いつつ、
のんびり聴いていたら、
だんだん盛り上がってきて、
これでもかって程の
持ち味であるMINERALの
泣きの揺れるギターが切なくて
凄くカッコ良くて、
このアルバムを聴く回数のほうが
いつの間にか増えてました(笑)

このアルバムは、
心を静かにして目を閉じて
集中して聴くと
最高のセラピーになります(笑)

まりこくん、こんにちは。

やっぱり4曲目は素敵ですよね~。

1stの爆発するエネルギーも素晴らしいですが、このアルバムの静かな沸々と湧くようなエネルギーも素晴らしい。

結局mineralって凄い!ってことなんですけどね(笑)

解散が悔やまれるバンドですね…。

こんにちわ!

僕もMineralが好きで、初めて聞いたたときは、衝撃を受けました。

1曲目の「love letter typewriter」は、曲のタイトルがそのまま好きですねw

2曲目の「palisade」に曲が移り変わっていく瞬間がなんともいえません。

じわじわと迫り来る音がたまりませんよ。

本当に完成度の高い音楽を創ったバンドですよねぇ♪

yupibackさん、こんにちは。コメントの返事が遅くなってしまってすみません。

1曲目から2曲目への移り変わりは鳥肌ものですね。

本当にこのアルバムだけでなく、1stも曲の完成度が高くて素晴らしいと私も思います。

歴史に残るバンドですよね。

2ヶ月くらい前に買いました。1STよりもだいぶ落ち着いちゃってるらしいのでかなり買うのを迷いましたが。
でも最高でした(^^)
このアルバムは歌が無いところが特にいいなーと感じます。ギター2本ベース、ドラムだけになるところ。2と3の最後、4の最初と途中、7の最後とかはやばいですね。
さらにボーカルも感情入ってますね。
超名盤だと思いました

たつやさん、こんばんは。


>超名盤だと思いました

ほんとその通りですよね~。
衝撃的なものはないけど、じわじわと良さが広がってくるというか。1度聞いた後に、もう一度繰り返して聴きたくなるような…

静かな中にも音の感情が込められていてとても好きです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/101-64599b5e

MINERAL

Power of Failingエモはまだほとんど聞いたことがないけど、このミネラルはエモバンドでゲットアップキッズの次に好きだ。同じエモでもヘットアップキッズとはだいぶ違うけど。なんというか・・・深い。第一印象は「なんだこれ?よくわからん」って感じだった。曲も長くて、
  • [2005/12/13 23:09]
  • URL |
  • BLUE SKY ON HOLIDAYS |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。