スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWERVEDRIVER 



実家からようやく戻ってまいりました。ということで更新再開。

今日はswervedriverの98年リリースの4th「99th dream」を。

このアルバムは「駄作」だという人もいますが、私はこのアルバムが一番好きです。

確かに初期のような轟音もないですし、メロディー自体もポップになっていて、「シューゲイザー」として聴くと少し違和感があるかもしれません。


私の個人的な感覚は「サイケデリック」

「サイケデリック」というと、swervedriverかverveが真っ先に思いつきます。

「シューゲイザー」というと、やっぱりマイブラ。

「シューゲイザーバンド」として語られることが多いswervedriverですが、どちらかというとこのアルバムはverveに近い感じがします。
(でもverveは最初シューゲイザーと呼ばれていたんでしたっけ??
マイブラもサイケといわれることがあるし…。う~ん、難しい。)

柔らかく繊細なメロディーと、耳障りのよいアダムのヴォーカル。

1曲目99th dreamのギターを聴いた瞬間にトリップできます。(私だけかもしれない…しかも何処へ??)
個人的には8曲目you've sealed my fateのぐるぐる回るメロディーと、奥の方で鳴っている狂気的なギターが好きです。




swervedriverってなぜか知名度が低いようなので、ここで彼らについて簡単に紹介しておきます。(以下ライナーノーツより引用)

90年にロンドンで結成。(それまではシェイク・アピールというバンド名で活動していたらしいですが、メンバー脱退をきっかけにswervedriverと改名)

同年9月にクリエイションから1st「raise」リリース。

メンバーの脱退、加入を経て93年に2nd「mezcal head」リリース。

95年、3rd「ejector seat reservation」リリース。

その後クリエイションを離れてゲフィンと契約。
97年に、この4th「99th dream」がリリースされる予定でしたが、ゲフィンとの契約が切られてしまい一旦白紙に。

数ヵ月後ニューヨークのインディーレーベル、ゼロアワーと契約し、98年、ようやく「99th dream」リリース。

新作リリースの噂もありましたが、これ以来新たな音源リリースはなし。

というところなのですが、


なんと今年2枚組のベスト盤がリリースされました!!

これがと~っても豪華な内容で、シングルやB面未発表曲などを含めた全33曲。

彼らの作品は、国内盤はおろか、輸入盤も今では手に入りにくい状況なので(確か2ndあたりまでは廃盤のはず)これは涙が出るほど嬉しかった。

ということで、興味を持ってくれた方はこの2枚組を聴かれることをおすすめします。


Juggernaut Rides 1989-1998


私がお金があれば、いろんな方にこのCDを買って配りたいぐらい彼らが好きなのですが、まあいろいろ好みもあるかと思いますのでまず試聴してみてください。

こちらのオフィシャルサイトでライブ音源が大量に試聴できます

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/103-fd243d7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。