スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日の音楽 

最近雨が多いですね。

私は「雨の日」が嫌いではないので、わりと気分良く過ごしています。


ただ、雨の日は何もする気が起こらないのが玉にキズ…。ひたすらボーッと音楽を聴いて過ごしています。


で、勝手に雨の日によく聴いている音楽を何点か並べてみました。

なんとなくレヴューのようなものを書く気にもならないし…というところから単なる思いつきで書いたものなので、さらっと読んでください。



まずはulrich schnaussの「a strangely isolated place」

2003年リリースの2nd。ポストロック…シューゲイザーっぽい感じ。
静かで美しく優しい。
そして押し付けがましくなく、いつまでも浸っていたい音。天才的。



early day minersの3rd「jefferson at rest」
これはスロウコアになるのかな…。

とにかくメロディーが素晴らしい。常に一定の温度を保ちながら、するっと入り込んでくる。この人の歌声はいつ聴いても邪魔にならない。聴いていると時間を忘れる。



ester drangの「infinite keys」

以前にも記事にしましたが(以前に書いた記事はこちら)美しく流れるサウンドが素敵。
雨の日の薄暗い空がすうっと晴れていきそうな感覚。



mogwaiの「rock action」

一言で言ってしまうと「美しい」のだけれど、それだけでは片付けられない何かがある。
豪雨の日の雨音とともに聴くと素晴らしい。



autechreの「confield」

エレクトロニカ、テクノ、ダンス…。結局autechreってなんなのかよくわからない。異質な存在。
サウンド、心臓の鼓動、雨音が1つに融合されるときの感覚がとても好きだ。



きっとこれであなたも雨の日を楽しんで過ごせるはず…です。



スポンサーサイト

コメント

中途半端な空を

私がこの中で特に気になるのは、
early day minersかな。

・・・というか、
アルバム「all harm ends here」を
月末に購入するつもりで今カートに入れてます(笑)

まだ落ち着いて聴いたことが無いけれど、
前に試聴した時に良い印象だったので。

お久しぶりです

ulrich schnauss、私も持ってます!が、寝るときに聴くことがほとんどで、これを聴くとすぐに眠ってしまうので1,2曲目までしか聴けてません(笑)心地良すぎて、、。

まりこくん、mewさん、こんにちは。

>まりこくん

early day minersは良いですよ~。
私もall harm ends hereはまだ買っていないのですが、じきに買うつもりです。私の周りではとても評判高いアルバムなので。

是非、そのまま購入してください(笑)


>mewさん

復活待ってましたよ~。これからも、のんびり更新していってください。

ulrich schnaussは確かに眠るときには最適ですよね。
ドイツの音響系バンドは素晴らしいものがたくさんありますが、ulrichにはかなりやられました。ほんとに素晴らしい。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/109-f404b4c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。