スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOVES 



2000年リリースの1st。lost souls。

この年はCOLDPLAYやMUSEもデビューし、えらいことになってましたね…。

この2つのバンドと比較というか、並べて書かれる事の多かったDOVES。
この中では一番目立たなかったと思う。というか、はっきり言うと地味です。

MUSEのような強烈なインパクトもなかったし、COLDPLAYほど絶賛されるようなメロディーもない。でも個人的には一番味のあるバンドで、一番愛着がもてるバンドだと思う。

湿った風を彷彿させるようなダークに漂うサウンドと、メランコリックなメロディーという輪郭を持っています。
どんよりと重い空気感に、じめじめしたなんとも言えない印象。

このアルバムを聴いて元気になれる人っているのだろうか?とか、ふと思ってしまう。


でも、そこでどん底まで落ちることができないのは、ところどころにある耳に残るメロディー。
頭の中でリピートされるメロディーと言った方が近いかも。
このせいで落ちることも、かといって上がることもできず、宙ぶらりんな状態にされてしまう。

これがDOVES独特の浮遊感なのかもしれないですね。


そして、この浮遊感こそが中毒の原因。ハマるとずっと聴き続けたくなるほど心地よいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/11-3f30ccf9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。