スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGUR ROS 



sigur rosの2002年リリースの3rd「( )」


これもまた寒くなり始めると聴きたくなる音です。


アルバムタイトルなし、全曲無題の作品。
聴き手側にすべてを委ねた1枚。

壮大な空間を彷彿させる音楽。空間というか、もっと現実味のない異次元。

或る人はここに桃源郷を見るかもしれないし、また或る人は底なしの泥沼を見るかもしれない。


この1枚のアルバムの中でさまざまな感情に出会え、無限の果てしない空間に出会え、現実と架空の間を彷徨う、時空さえも超えることのできる作品だと思う。


このアルバムを言葉として表現するのは本当に難しい。


どのアルバムもそうだとは思うけれど、聴く人によってさまざまな感情を持つだろうし、さまざまな解釈の仕方をするだろう。

それこそこの「( )」というアルバムの持ち味かもしれない。


BGMとして聴くのも良いし、この音以外に何も聴こえないほど大音量にして聴くのも良い。

現実にそこにある音楽として聴くのも良いし、全くの異物として聴いてみるのも良い。

へこんだ時に聴くのも良いし、思いっきりハイな時に聴くのも良い。


飄々とした、顔を持たないアルバム。



でも、いろんな聴き方をしてみることによって同じ音でもいろんな表情を見ることができる。

そんな「音楽」という言葉の原点を意識させてくれるアルバムなのかもしれないと思う。


スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして。
だいすけと申します。
いつも楽しく拝見しております。

Sigur ros、私も同じ印象を受けました。
第三者に伝えにくいアルバムですよね。
今後とも参考にさせていただきます。

宜しければ、私のblogもいろいろ書いていますので覗きに来てみてください。

だいすけさん、はじめまして。
訪問&コメントありがとうございます。

>いつも楽しく拝見しております

わ~、素直に嬉しいです。ありがとうございます。でもちょっと照れますね(笑)

やはりsigur rosは…言葉では伝わりにくいですよね。
最終的にはとにかく聴いてみてください、としか言えないアルバムだと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/121-5a0375d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。