スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア 

アロマ


12月から月に1度、老人ホームへボランティアとして行く事が決まった。

「ボランティア」というか、まあ、仕事ではなく個人的に行くということなのですが。(実はボランティアという言葉が、私はあまり好きじゃない)


以前からお世話になっているセラピストさんからお話を頂いて、参加させてもらうことにした。

私自身、そのセラピストさんのことをとても尊敬している。
自宅でアロマのサロンを経営しながら、学校で講師としての仕事もされている方なのですが、とにかく勉強熱心な方で本当に頭が下がる。

昨日久しぶりに会って話をしたのですが、相変わらずより深い知識を求めて勉強されていた。



で、12月から老人ホームでのアロマケアに参加するにあたっていろいろお話をしてきました。

ホームのスタッフの方たちや医師との連携も必要になるし、あくまでもメンタル部分でのケアということを頭に入れて動かなければいけない。既往症なども把握しておかなければならないし、安全面でも配慮が必要になる…。

う~ん…上手く書けないのですが、課題が山積みということです。



私は、「香り」というものが人間の、特にメンタル面で作用するところがとても大きいんじゃないかと思っている。

どんなに雰囲気のいい環境であったって、嫌なにおいが立ち込めているとリラックスできないし、逆にあまり好ましくない環境にいても、好きな香りがすると少し気分が晴れたりする。

少なくとも私はそうだ。


「香り」というのは「本能的な脳」と深い関係がある。


私の叔父が癌で闘病しているときに、病室でオレンジの香りを焚いた。

増えていくモルヒネの量と、薄れていく叔父の意識を横目に見ながら、私自身の気分転換という意味でオレンジの香りを病室に漂わせた。

そのときに、意識が朦朧とした中で、叔父が「みかん、みかん」と反応したのが今でも忘れられない。



私が「香り」というものに、これほどまでに興味を持ったり、信じていたりするのは、この出来事があったからかもしれないと今思う。
(もちろん他にもいろいろあるけど)



…書いている途中で、何を書きたいのかさっぱりわからなくなってしまった。
相変わらず支離滅裂な文章だ。


…とにかく12月からそういう活動をすることになったということです。

しかし「ボランティア」はよいけど、まず先に生活のことをもっと考えなければいけないはずなのですが…。

まあ、なんとかして生きていきます。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/127-4278e364

人助け.com 開設しました。

この度、人助け・ボランティアを目的としたサイトを開設しました。そのままの名前ですが、「人助け.com」です。同じような考えの方々と交流を深めていけたらと考えています。それでは、一度ご覧になってください...
  • [2005/10/30 18:48]
  • URL |
  • 人助け.com |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。