スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLEEPING AT LAST 



シカゴの3ピースバンド、sleeping at lastの2003年リリースの1st「ghosts」

以前からこのアルバムの紹介をしようと思っていたが、サボってばっかりでなかなか書けず…。

で、今日に至るわけです。。

ただでさえアルバムの感想をすぐに書くことが出来ない上に、サボったりするものですから、もうこのアルバムが世に出てから2年も経ってしまった。

なので、私のブログには新しいものがありません。タイムリーな話題を期待している方には申し訳ないですが、勘弁してください。


本題に入りましょう。


まずメンバーは以下の3人。

Chad O'Neal (dr.per)
Ryan O'Neal (vo.g.key)
Dan Perdue(b.key)

(名前でもわかると思いますが、ライアンとチャドは兄弟です)


スマパンにかなり影響を受けているバンドのようです。
ビリー・コーガンと親交もあるらしい。


アルバムの印象はとても爽やかです。
といっても爽快というより、じわじわと空気が澄んでいくような感じ。

万人に受け入れられそうな綺麗で聴きやすいメロディー。
全体的に優しく、少し切ないメロディーですが、暗さはあまり感じられない。

3ピースですが、サウンドはわりと重厚。
キーボードを上手く使って、サウンドに広がりを持たせているように思います。

ライアンのヴォーカルもあまりクセもなく、すんなり聴ける声。
高音もしっかり伸びていて、聴いていて気持ち良い。

全体的な流れとして、中盤からバラード一色に染まってしまうのは少し残念な気もするが、またこのバラード群が秀逸。

周りの空気に溶け込んで広がっていくようなヴォーカルは素晴らしいと思う。


試聴はこちら(purevolume)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/130-fb2c5348

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。