スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DINOSAUR.JR 



93年リリースの5th「where you been」

確か今年のフジロックにも登場しましたよね、dinosaur.jr。


一言で言うと、J.マスキスという人はすごい。


とにかくギターが格好良い。
繊細で狂暴で、かつカラカラに乾いて割れる感じ。
言葉で格好良さを表わそうとしても無意味なぐらい格好良い。


人によって「好み」というものがあるので、押し付けるつもりはないのですが、もし聴いたことのない人がいたら、是非1度聴いてみてくださいと言いたい。


ヘロヘロでダメな感じのヴォーカルが「空白」や「虚無感」をイメージさせる。

雑誌か何かで「殺伐ロック」と言っている人がいたが、まさにそんな感じを受けた。

必要な音のみ出されている感じ。

でもまるで愛想がないのに、何故か愛着を持ってしまう不思議な魅力。

自分とは関係のない場所で鳴らされているようでもあるし、すぐ隣で鳴らされているようにも聴こえる。


脱力感と緊張感を同時に鳴らし、さらにへヴィーでダークな世界を突きつけてくる。

単なる聴き手であることを忘れて、なぜこんな音が出せるのかと呆然としてしまう。

聴けば聴くほど、ずるずるとはまり込んでしまう。

そんな音楽です。


全く、本当にJ.マスキスには脱帽する。この人は天才だ。
スポンサーサイト

コメント

どうも

ダイナソーJRもまた重要なバンドですね。
私は数年前に「green mind」のアルバムを聴いたことはあるのですが、
他の作品はまだ聴けていません。
ずっと引っ掛かる存在ではあるので、
聴きたいと思っています。

まりこくん、こんにちは。

「green mind」も良いアルバムですよね。
私はこちらのアルバムの方が好みですが。(上手く言えないのですけど、このアルバムの方が「何もない」感じがよく出ているような気がします。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/133-5dc8b2d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。