スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE LA’S 



90年にリリースされた唯一のアルバム「the la's」

今では私の中では外せない1枚になっている。これを名盤と言わずに何を名盤と言うか。


なんだか偉そうに言っているけれど、当時はさっぱり良さが解らなかった。

友人が素晴らしいアルバムだと狂喜乱舞しながら薦めてくれたのだけれど、私には全くもって理解不能だった。

当時の私はパンクだとかハードロックだとかを好んで聴いていた。
「疾走感」「重量感」「勢い」を音楽に求めていた。

なので、このアルバムの何が素晴らしいのか不思議だった。

そしてろくに聴きこみもせずにその後何年間かは封印してしまっていたように思う。


でも、ふとあるきっかけで何年か後に聴いてみたらとてつもないものを封印していたことに気づいた。

これを素晴らしいものと思えなかった自分はどうかしていたんだろう。


今考えれば、音がこんなに綺麗だと思ったのはこのアルバムが最初かもしれない。


ポップで聴きやすく、ノリやすく、美しい。
それでいてやっぱり根底にあるのは「ロック」なのだ。

思わず口ずさんでしまうようなメロディー。
ぽろぽろとこぼれてくるような美しさ。


「there she goes」は超名曲だが、そのほかも珠玉のメロディーだらけ。
個人的には9曲目「i.o.u」なんかは特に好きだ。


さすがは完璧主義のリー・メイヴァース。

完成度は素晴らしすぎるほど高い。

今でも聴き続けているが、全く飽きが来ない。


これは断言できる。完全な名盤なのだと。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/140-9fb20953

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。