スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽的近況 

さて、今日は休みなので久々に少しゆったりとした時間が取れる。

とは言え、最近のバタバタでまともに音楽も聴き込んでいないし、どうしたものか…。


そこで、最近通勤時間やちょっとした時間に聴いているものなどを、さらっと紹介しようと思う。
(記事にしたいCDはたくさんあるのだけれど、それについてはもう少し時間が欲しいので…)


まずはaqualungの「still life」
以前にも記事にしたが、(以前aqualungについて書いた記事はこちら)やはりこの人の声はとても良い。聴いているととても落ち着く。下手なヒーリングミュージックより、私はaqualungの音楽の方が癒される。
透き通る世界がイメージできる1枚。



gregor samsaの「27:36」
これはもう、ほんとに、ほんとうに今一番好きかもしれない。
素晴らしく美しくて、切なくて、溶けます。
3曲入り、曲タイトルなしですが、そんなことは忘れてしまうほどの素晴らしさ。ポストロック、アンビエント好きな方は是非!!



lowの「things we lost in the fire」
秋の終わりから凍える冬にかけて、特に聴きたくなるのがlow。
周りにとどまり、そっと見守っていてくれるような音の世界。
私は疲れきった時にもlowが聴きたくなる。
男女混声ヴォーカルがなんとも美しい。



jaga jazzistの「the stix」
ジャンルはよくわからない。カテゴライズ不能。
クラブ、ダンス、ジャズ、ポストロックなどいろんな要素があるアルバムだ。
小刻みなビートにいろいろな音が乗る。リズム的には決してゆったりではないのに、流れるようなホーンの音が大らかな空間を感じさせる。



kinskiの「alpine static」
このところわりとゆったりした音楽ばかり聴いているので、スパイス的な感じでこれを聴く。
不穏な影と、硬く重い音。それでいて浮遊感あり、という不可解さ。
その対比が妙な緊張感をもたらしてくれる。最初聴いたときはよくわからず驚いたが、やっぱり天才と認めざるを得ない。



ささっと書いたが、最近はこんな感じ。

いずれ(いつになるかわからないが)1枚ずつ記事にしようと思う。


スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

こんにちわ、毎日楽しく読ませてもらっています。
たぶん音楽の趣向が似ているのもあって、わたしが気になっている音、あるいはその周辺の音についていつも紹介されているので、とてもありがたいです。
わたしはLowの「secret name」しか聴いていないですけど、これでとても好きになりました。REVさんの紹介されていたほうも是非聴いてみますね。

holidayloverさん、こんにちは。
よく覗いていただいているようで。どうもありがとうございます。

私もholidayloverさんのブログはよく覗かせてもらっています。
以前京都に住んでいたことがあるので、メトロだとか前田珈琲だとかの文字を見るたび当時のことを思い出しています(笑)ライブレポも楽しく読ませてもらっております。

確かに私たち、音楽の趣向が似ていますよね(笑)
lowは是非こちらも聴いてみてください。しっとり静かに流れる音が今の空模様に最適です。

こんにちは

最近、私も仕事などでバタバタしてて
音楽が放置状態になりかけてます(笑)
休みがほぼ日曜だけだし、
他にもいろいろしたいことがあって。
今日は昼からのんびりしつつ、
音楽を聴いてました。

lowも今の時期に似合う音楽ですね。

まりこくん、こんばんは。

最近まりこくんも忙しそうですね。何度も言うようですが、体調には気をつけてください。

私の周りでは、この寒さの影響か、年末の忙しさの影響か、風邪が流行っています。


lowは良いですよね。寒さを和らげてくれるようにじんわりと響くハーモニーが素敵で最近よく聴いています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/143-51cfa0b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。