スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE FRAMES 



framesの2001年リリースの「for the bird」

これが今年一発目の音楽について書く記事になる。
悩んだ挙句、やっぱり思い入れのあるものを記事にしようと思った。

「思い入れのある音楽」

いろいろあって選ぶのに困る…。それぞれに違う思い入れがある。



私はframesがとても好きだ。

今までも何度か彼らの音楽を記事にしようとはしたが、なんとなくそっと自分の心にしまっておきたい感じもあった。

多分、普通の何でもない日に書きたくなかった。

それほどframesの音楽は私にとって特別なものなのだ。
彼らの音も声もメロディーも。




ジャンルで言うとポストロックになるのだろうか…。


美しさ。

優しさ。

歌心。

飛び交う音。

散らばる音。

吸い込まれる音。

こみ上げる感情。

静けさ。

繊細さ。

力強さ…。


それら全てが詰まっている。


素晴らしい音の世界。
もちろんヴォーカルも素敵なのだが、やはり格段に「音」が素晴らしい。

framesの音楽には癒されるのとはまた違う心地よさがある。



このアルバムの中で、私が好きな曲は7曲目「early bird」

引き伸ばされた、歪められたような音の空間に掠れた感情的なヴォーカルが乗る。

次の曲「friends and foe」のしっとりと包む感じもまた素敵だ。



オフィシャルサイトで全曲試聴できる。

他のアルバムの曲もかなりたくさん試聴できる。

気になった方は是非一度聴いてみてほしい。


試聴はこちら(オフィシャルサイト)


スポンサーサイト

コメント

こんばんわ!

このアルバム持っていますよ!

つくづくREVさんとは、音楽趣味が合うなぁと思いますw

「The Frames」良いですよね。

今度記事にしようと思っていたところです。

REVさんの記事も参考にさせていただきますね♪

ついでと言ってはなんですが、「Aqualung」の記事を書きましたので、ぜひ見に来てください。

yupibackさん、こんにちは。

ほんとに趣味が合いますね~(笑)


「the frames」の話題から外れてしまいますが、私が「matt pond pa」を好きになったのはyupibackさんのおかげなのです、実は。

matt pondのアルバムは持っていたのですが、何度か聴いてはいたものの、そのまま忘れていたのです。

yupibackさんがレビューされているのを見て思い出し、彼の音楽の良さに気づくことができました。感謝です。

これからもレビュー楽しみにしています。また良い音楽をたくさん教えて下さいね。

お久しぶりです。

年末に初めてコメントを送ったaverieです。

FramesのCDはまだ聞いていませんが、ぜひ聞いてみようと思います。

以前にREVさんのレビューでAqualungがありましたが、今日ふと店で目につき買いました。ジャケットがとても印象的でしたので。

個人的にはトラック04が好きですが、バロック調の07もお気に入りです。

FramesのCDも聞いてみようと思います。

averieさん、はじめまして。

二度もコメントして頂いて、どうもありがとうございます。

frames、是非一度聴いてみてください。
決して聴きやすい音楽だとは言いにくいですが、聴けば聴くほど味が出てくる良いアルバムだと私は思います。


おっ!aqualung買われたのですね。
私も4曲目「easier to lie」とても好きです。

彼の声を聴くと自然に穏やかになれる。そんな気がします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/161-1aca8a39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。