スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく聴いたアルバム第1回 

今年の上半期によく聴いたアルバムを並べてみようかなと。

長くなりそうなので2回ぐらいに分けて書こうかなと思っています。

なんで今頃?と思われるかと思いますが、「なんとなく暇だからやってみようかな」というくだらない理由です。すみません。

しかも今年リリースのものがあまりない…。それでもよければどうぞ読んでみてください(なんて弱気な…)



pretend.jpg
去年リリースされたlovedrugの1st「pretend you're alive」
アメリカのバンドですが、最近までそのことに気づきませんでした…。
だって、音が非常にUKっぽいんですもの。
サウンドはkentっぽいところもあるし、engine downっぽいところもあるかなと。ちょっとダークで美しいです。


pretend.jpg
今年3月にリリースされたgratitudeのセルフタイトルアルバム。
元farのジョナ・マトランガが結成したバンド。
エモです。farの頃からは考えられないようなキャッチーなメロで聴きやすいです。
とにかくジョナ好きの私は無心にこれを聴いてました。



2003年リリースのclearlakeの2nd「cedars」
前作「lido」が素晴らしかっただけに、初聴いたときはイマイチかなと思いました。でも聴きこんでいくと…今ではこのアルバムの方が好きかも。
前作とはガラッと印象を変え、ダークに。重くどんよりとした空気を感じます。
暗くも美しい雰囲気に圧倒されます。



去年リリースされたsometreeの3rd「moleskine」
ドイツのバンドです。1st、2ndではパワーみなぎる激昂エモ!!って感じだったのですが、それも残しつつメランコリックで美しいサウンドに変化してます。
これはかなりおすすめ。



今日は疲れたのでこの辺で(笑)

またアルバムごとにレビューも書いていこうと思っています。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/18-71932327

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。