スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIEL KILL HIM 

alpha is down

ariel kill himの2002年リリースの2nd「alpha is down」
(私の持っているのは国内盤です。US盤とは内容が違うので注意!)
<4/20追記:unstoppable lifeのゆうごさんより情報を頂き、国内盤、US盤とも内容は同じであると判明。詳しくはコメント欄参照>


スウェーデンのバンド、leiahのヴォーカルだったDavid Lehnbergのソロプロジェクト。(以前leiahについて書いた記事はこちら


leiahもとても好きなのだが、個人的にはariel kill himの方が好きだ。
メロディーの繊細さがこちらの方がよく出ているし、なんだかいい具合に力が抜けている気がする。



彼がmineralの影響を受けたと言っているのがよくわかる。
なんとなく(少し)空気がmineralの2ndに近いものがある。


全体的にはゆるやかな感じで進む。

チェロ、ヴァイオリン、ピアノなどが使われていて、しっとりとした、じわじわ浸透してくるような音の空間が創られている。
美しく響くギターも良い。

Davidの少し掠れた様なハイトーン・ヴォイスが引き立てられ、充分に生かされたアルバムだと思う。


1曲目「dynamo」の冒頭でDavidの声が聴こえた瞬間からこのアルバムに引き込まれてしまう。
静かな空気から、グッと感情の波が高くなるところは鳥肌ものだ。(私が個人的にこういう曲の構成が好きなんだと思う…)

5曲目「bevinson in winoka」のトランペットの音が好きだ。(勝手なことを言わせてもらうと、この曲はヴォーカル無しでも良い気がする)

6曲目「katla」はこのアルバムの中で一番好きな曲。特に後半のサウンドに広がりが出てくるあたりが良い。



全体的にはもう少し音の起伏があってもいいような感じだが、それは次のアルバム「in the pyramid」で解消されているので、このアルバムはこれでいいのかもしれないと最近思うようになった。


このアルバム、アマゾンではUS盤しか取り扱いがない様で、¥3000を越す値段がつけられていてびっくりした。US版は品薄になっているらしい…。

HMVではどちらも取り扱っているようなので、こちらのリンクを貼っておきます。

HMVのページはこちら

スポンサーサイト

コメント

AKH

REVさんこんばんは。

ぼくもAriel Kill Himすきなのですが、
日本盤が出てるのは知りませんでした。
曲名と曲数がちがうということで調べてみたところ、
HMVに載ってるトラックリストはどうやらこの作品のようです。
http://www.captainoi.com/details.asp?CatNo=AHOY%20CD%20194
あきらかにちがいますね…。

Ariel Kill Him、リリースは決まってないようですが
新作は完成しているらしいので待ち遠しいです。

ゆうごさん、こんばんは。

調べていただいてどうもありがとうございます。

HMVで曲名リストを見て、何故全く違う曲が入っているのか、訳がわからないでいたのですが、すっきりしました。

kasual recordのサイトを見ても、「alpha is down」の曲順、曲名とも国内盤と同じでしたので、不思議に思っていたのです。

ホント助かりました。いつも良い情報をありがとうございます。

コメントこそしていませんが、ゆうごさんのブログはよく覗かせていただいてます。(いろんな情報が早くて感心します)今後も参考にさせていただきますね。

本当にありがとう~!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/187-67fa547d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。