スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIGALA 




migalaの5th「la incredible aventura」

このmigalaはスペインのバンド。「ミゲーラ」と読むらしい。


アルバムの感想を書こうと思ったのだけれど、思い付きで書いたらめちゃくちゃになってしまった。
でもなんとなく残したいので、記事にしてしまいます。

ですが、あまりに申し訳ないので「続きを読む」に入れておきました。


時間を無駄にしたくない人や、短気な人はこれ以上読まないほうがいいと思います。(さすがに怒られるのは嫌なので…)


大半がインスト。ヴォーカル入りのものもあるが、声が音として存在していると思ったほうが良いかもしれない。

この音楽がどういうジャンルに分類されるのかよく解らない。
スロウコアだとかどこかに書いてあったが、もしそれが本当なら私が今までスロウコアだと思っていた音楽はスロウコアじゃない可能性が高い。



なんて不思議な人たちなのだろう、migalaって。

聴くたびにそう思う。

でもそんな不思議さを超えてしまうぐらい不可解で、素晴らしくて、怖い。

独創的というのはこういうことを言うのかもしれない。


音の1つ1つが異様な存在感を放っている。

荒れるギターと恐ろしさを増長させるストリングス。

感動的なぐらい美しく壮大で、でも引きずり込まれるようで怖くなる。


そう、美しいが故、恐ろしい。



何かが起こると予想させる音の流れ。
何かが起こると分っているのにそれが何なのかつかめない。

緊迫感と不安感。ここまで不安感を煽る音楽も珍しい。


袋小路に追い詰められていくような感覚。

出口のようなものが見えたかと思うが、それは間違いであって、やはり出口はどこにもない。



彼らの音楽に慣れるまで、私は少し時間がかかった。

最初は間違ったものを買ってしまった気分だった。


でも、素晴らしく格好良いのだ。
中毒になるぐらい。



今ではこの音を聴いて眠りにつけるほどになった。
慣れというのは恐ろしいものだ。
慣れというのか、神経が図太いというのか…。



気になった方は聴いてみてください。

こちらで試聴できます



上のアマゾンからのリンクの商品には付いていないようですが、私の買ったCDはプロモーションDVDが付いています。

これも不可解でなかなか面白いです。




スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

少し前からちょくちょく拝見させてもらってるCoffee Soundsというものです。
ところでREVさんのレビューで知ったのですが、pillowというバンド、すっごくイイですね。
でもAmazonやHMVでは取り扱っていないみたいなんです。
REVさんはいったいどこで手に入れられたのですか?よかったら教えて頂けないでしょうか。

Coffee Soundsさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

pillow良いですよね。(ちなみに全く関係ありませんが、イタリアにもpillowという名前のポストロックバンドがいて、こちらもなかなか良いです。)

pillowに関しては、以前チラッと紹介させてもらっただけかと思うのですが、反応していただけて嬉しいです。ありがとうございます。

pillowのCDは私は悪戦苦闘しながら、海外から購入しました(笑)

が、日本でも取り扱っているところがありました!duotoneというところで扱っていますので、アドレスを載せておきます。↓

http://www.duotonerecords.com/newin/newin_carte_new.html

上のアドレスはpillowの商品が掲載されているページです。是非覗いてみてください。

余談ですが、つい先日、pillowのメンバーに
「日本であなたたちのライブが見たいから、是非来てください~」
みたいなメールを送ったところ、
「日本に行く予定はありません。」
というドライな返事を頂きました。
その時に「日本では私たちのCDもduotoneでしか売っていません。より多くのCDを売ることが私たちの目的ではないからです。」
というようなことも書かれていました。
とりあえずライブを見るには私がベルギーかフランスかへ行くしかないようです(笑)

いらぬ話で長くなってしまいましたね…すみません。

これからも是非またちょこちょこ覗いてやってください。では。

こんばんは。

教えて頂いてありがとうございます!
pillowというバンド、別に売れようが売れまいが、自分たちが楽しく音楽を奏でられればそれでいいんだ!という強い信念を持ってるんでしょうね。
それにしてもこのduotoneというサイト、いろんなアーティストを紹介していて、いろいろ探ってしまいますね(笑)

Coffee Soundsさん、こんばんは。

確かにduotoneのサイトはいろいろあって目移りして困りますよね(笑)

試聴してみるとなかなか良い感じのものが多くて、さらにほしいCDが増えてしまって悩んでしまいます…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/188-22f15320

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。