スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DENALI 



2002年リリースのdenaliの1st「denali」

denaliは、元enginedownのKeeley Davisがサイドプロジェクト(?)として、妹のMaura Davisとともにやっていたバンド。
(現在はどちらも解散し、Keeleyはspartaに加入、MauraはAMBULETTEで活動している)


このバンドのドラムは、これまたenginedownのJonathan Fuller(enginedownではギターを担当)ということで、サウンドはenginedownに近いものがある。


余談になるが、私はenginedownというバンドが好きだ。
彼らの音楽は美しさと、重さと、緊張感と、物悲しさをバランスよく含んでいると思う。

ちなみにenginedownについて書いた記事はこちら
→ラストアルバム「enginedown」
→3rdアルバム「demure」



denaliのダークで緊張感のあるメロディーはenginedownそのものといってもいいぐらいだ。(もちろん若干の違いはあるが)



ではenginedownと何が違うのかといえば、やはりMauraの存在。

Mauraの声には独特の透明感と、哀愁感がある。
美しく響く、憂いを含んだ声。


彼女の歌の何が好きなのかと言われれば、今書いたように美しさや透明感であることは間違いないのだが、もっと突っ込んで言えば微妙な声のかすれ具合や、音階が上下する時の声の揺れ、長く伸ばす時の声の抜け具合など、歌い方というよりはクセみたいなものが好きだ。


どことなくダークで切ないメロディーにMauraの声が重なることによって、さらに切なさが増す。




このアルバムで私が好きなのは2曲目「you life」ですが、Mauraの声の美しさや、サウンドに更に影を落とすような鋭くかつ優しく胸を突く歌の特徴がわかりやすいのは3曲目「lose me」4曲目「everybody knows」9曲目「function」あたりではないかと思う。


とにかく聴いてもらえれば、彼女がただの美しい声の持ち主というだけではないことがわかってもらえると思う。

denaliの試聴はこちら(myspace)


ついでに、といっては何だが

AMBULETTEの試聴はこちら

スポンサーサイト

コメント

どうも~。

このジャケットが何だか凄く良いですね。

私はまだ聴いたことが無いけれど、
チェックしてみます。

まりこくん、こんばんは。

denali良いですよ~。ぜひ一度聴いてみて下さい。

もう一枚「The Instinct」というアルバムも出ていますが、私個人的にはこちらのアルバムの方がシンプルで、Mauraのヴォーカルが引き立っている気がして好きです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/195-114adec6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。