スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIBRARY TAPES 



以前にもちょこっとこのブログで紹介したlibrary tapes

今日は彼らの1st「alone in the bright of shattered life」を。


library tapesはdavidとperの2人組。スウェーデンの人たちらしい。


最初聴いた時、「暗い」と思った。
それ以外に言葉が思いつかなかったほど。


美しいピアノの音にアコースティックギターが重なる。
いきなり崩れるように重く陰鬱なピアノの音が鳴り、不気味なノイズが聞こえる。
何かあったんだろうか?と心配になるぐらい暗い。


6曲目「broken piano pt.1」はそのタイトルの通り。
不穏なピアノと雑音。


美しく、悲しいのだけれど、それを上回るような不気味さを持っている。

毎日聴くとおかしくなりそうなぐらい暗いが、たまにふと聴きたくなる。


試聴はこちら(myspace)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/196-1c6558e0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。