スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AEREOGRAMME 



aereogrammeの2002年リリースの1st「a story in white」


aereogramme(エアーエオグラム)は98年にグラスゴーで結成される。

メンバーは

Craig B(g.vo)
Campbell McNeill(b)
Martin Scott(dr)
Iain Cook(g.pro)


の4人。

このエアーエオグラムの前身バンドとして、「ギャンガー」というバンドがあったようだ。
(私はギャンガーというバンドについてはよく知らないし、音を聴いたことがないので何とも言えないが)


最初このアルバムを聴いた時は、何とも変なバンドだなという印象を受けたのを覚えている。
このアルバムの感想を、どういう風に言ったらいいのか解らなかった。
当時は、とにかく奇妙なバンドが出てきた、ぐらいにしか思っていなかったが、聴き込んでいくうちに違和感もなくなった。(耳が慣れたのだろう)



静と動が入り混じった音。
しかも「静」と「動」がかなりはっきりしている。

静かに綺麗なメロディーで進んでいると思ったら、突如として轟音に変わる。
なかなか綺麗な良い声で歌を聞かせてくれると思ったら、いきなりシャウトしたりする。

というとても素敵なバンドだ。


美しくて、エモーショナルだと思う。
全体的には起伏が激しくて、聴いていて疲れる方もいるかもしれないが…。


とっちらかった印象もあるが、瞬間的に感情が爆発するサウンドに心を持っていかれる。その瞬間が好きで、現在も聴き続けているアルバム。


試聴はこちら(myspace)

(このアルバムの2曲目「post tour,prejudgement」という曲が試聴できる。私はこの曲がとても好きだ。最後のほうで素晴らしいシャウトが聴ける。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/203-99ef52e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。