スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EARLY DAY MINERS 



early day minersの2005年リリースの4th「all harm ends here」


最近も相変わらず音楽は聴いているのだけれど何故か言葉にできなかった。
言葉にすると結局誰のアルバムでも、どれも同じようになってしまう。

もちろん、同じような「におい」のする音楽を好んで聴いているわけなので仕方ないといえば仕方ないのだが、それならば1枚1枚について書く必要もないわけで、まとめて「好きな音楽」とかなんとか題をつけてアルバム名だけだらだらと並べておけばいいのではないかと思った。


でも、やはりそのバンドなり個人なりの特有なものがそれぞれにあり、それこそが大きな違いなのだけれど、言葉にすると結局その微妙なニュアンスはかき消されて同じものになってしまう。


なんてコトを考えているうちに面倒になって書くのを止めてしまった。

そんな感じで、日々ただ黙々といろんな音楽にまみれている中でふと手を伸ばすのはいつもこのアルバム「all harm ends here」だった。

本当は、最近(といっても少し前だけど)発売された彼らのアルバム「offshore」をもっと聴き込みたいのだが、なぜかこのアルバムを聴いてしまう。


いつ、どんな時でも美しく、優しいのだ。

その優しさは慰めでも同情でもなく、いつも同じ場所で独自のスタンスを取りながら鳴っている。

踏み込んでくるわけでもなく、遠ざかるわけでもなく。
ただ黙って見つめられているようなそんな優しさ。

その距離が私に安心感を与えてくれる。


静かに響くギターから始まる「errance」
枯れたような、でもかすかな温もりを感じられる「townes」
曲の構成が素晴らしく、フレーズが頭の中で繰り返される「all harm」
ヴォーカルが際立つ「the way we live now」

いつ聴いても邪魔にならない落ち着いた、沁みるヴォーカル。



聴き終わったあとにじんわりと心を揺さぶるような、そんなアルバム。

スポンサーサイト

コメント

こんばんわ。

このアルバムは、Amazonでおすすめ商品を見る度に紹介されています。

僕も同じようなことがあり、どんな音楽を聴いても何も感じなくなったりしました。

でも、その気持ちを吹き飛ばす地からのある音があったりします。

以前聞いていた曲だったり、新たに聴いた曲だったり。

REVさんのお気に入りの1枚、ぜひ聞きたいと思います。

i_and_kafkaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

i_and_kafkaさんにも同じようなことがあったのですね。
何を聴いても同じようにしか聞こえず、自分でもどうしたんだろうと不思議な気持ちになりました。

私の場合、そのときに自然に聴いていたのがearly day minersとgloria recordでした。

このアルバムも心に優しいアルバムだと思います。機会があれば是非聴いてみてくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/212-e2979bca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。