スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW END ORIGINAL 




texas is the reason、farなどの元メンバーから成るバンド。

バンドというか…どうやらこの1枚を創るのに一時的に集まっただけらしいですが。

元far、現gratitudeのジョナ・マトランガが好きな私はそれだけの理由で購入しましたが、これはどうなんだろう??
もちろん私は好きですが、聴きやすいとは思わないな~。

アルバム全体の空気がつかめない…。

1曲目lukewarmはノリのいいポップでキャッチーなメロディーのナンバー。

2曲目14-41もポップでなじみやすい。

なるほど、こういうポップでキャッチーな感じのアルバムか~と思っていたら次の3曲目hostageでfarを彷彿させるダークなナンバーに一転。

次の4曲目のピアノ・バラードleper songまではなんとか良いとしましょう(勝手に)。

あとは「1曲目のあのグルーブとなじみやすさはどこへ?!」と思ってしまうナンバー連発。

そしてだんだんダークに…。

後半はヴォーカルよりサウンドに重点がおかれた流れになっているように思います。

とにかく印象がまとまらない。

1曲目だけ試聴して買ってしまうと痛い目にあいますよ、きっと。


もちろん、統一性がなくて面白いアルバムだと思うし、この1枚の中でいろんな表情が見えて良いです。

最近、またこれを聴き返しているのですが、最初はイマイチだった後半の曲のよさに気付きました。やっぱり時間を置いて聴いてみると印象も変わるものですね。

ただ、アルバム全体の流れをみると「??」かな、と思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/43-24275bb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。