スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FURTHER SEEMS FOREVER 



2001年リリースの1st「the moon is down」

現dashboard confessionalのクリス・キャラバがヴォーカルとして在籍していた頃の作品。

ジャンルではエモになりますが…

確かにエモであるとは思いますが、それ以上にいろんな要素を取り入れた作品なので、一言で“エモ”として片付けるにはもったいないぐらいです。


元STRONGARM(ニュースクールハードコア)のメンバーからなっているというのも関係するのか、なかなかパンチの効いた音出してます。
その地盤のしっかりしたサウンドにクリスのメロディアスなヴォーカルが乗っかって、なんとも気持ちの良い音にまとまっています。


そして曲の展開が素晴らしい。

1曲ごとにドラマがあり、感情の起伏があり、全く飽きる事がない。

個人的には、静かに始まりだんだん広がってくる壮大な空間を彷彿させる6曲目new year's project、突然不規則に始まり途中からスローダウンし、メランコリックな展開をする10曲目a new desert lifeあたりはかなりツボです。


度重なるヴォーカルの脱退を乗り越えて今も良いアルバムを創り続けているこのバンド。

ヴォーカルが変わるためアルバムによって印象も変わりますが、他のアルバムもかなり良いです。


でも、やっぱり私はこのアルバムが一番好きですけど。

試聴はこちら(purevolume)

このアルバムの曲はsnowbirds and towniesしか聴けませんが…。

スポンサーサイト

コメント

私も6曲目は大好きです。
revさんと同じツボ、静かなところから盛り上がっていくところが特に好きです。
あと7曲目も好きです。

このアルバム、最初は私的に取っ付きにくい部分もあったけど、何故か聴きたくなる瞬間があって、聴き重ねるたびに好きになった作品です。

それにしても、サマソニまだ行ったことないのよね・・・今年も無理なんだ・・・。
あぁ、残念。

オアシスの日本での野外は、やっぱり見たかったなぁ。

ブログへのコメントどうも有難うございました。「How to Start a Fire 」も持ってますがFurther Seems Foreverは僕もこのアルバムが好きです。僕は特に、1,3,6,10曲目辺りが好きなような気がします。Chris Carrabbaの声が好きなのもあると思いますが。でもdashboard confessionalは聴いてないんですよね(ダメダメ)。

自分のブログのコメントにも書いたのですが、、"dakota suite"のアルバムで『まずはこれから聴きなさい』というのがあれば教えてください。

P.S. サマソニのレポ楽しく読んでます。デスキャブは僕も見たいです。前回の来日を逃しているのでまた来てくれることを祈ってます。

“まりこくん”さん、“56”さん、コメントどうもありがとうございます。
お2人ともやはり6曲目はお好きなのですね。ちょっと嬉しくなりました。

“まりこくん”さん、やはり野外のオアシスは感動的でした。ライブ中に花火が打ち上げられた時はリアムも花火に反応してました。野外ならでは、といった感じですよね。
サマソニは私も去年、一昨年は都合がつかず行けませんでした。久しぶりに今年行ってみて年々動きにくくなっているような気がしました(東京はわかりませんが)。帰りに、駅構内にまで入場規制がかかっていてびっくり。都市型、といってもやっぱり交通はけっこう不便かも…。


“56”さん、ダコタのアルバムは…私に薦めさせるとどれも良いということになるのですけど、まずは2枚組から入ってはどうでしょう?値段もそんなに高くないですし。2枚組が2つリリースされているので、両方簡単に紹介しますね。

「the way i'm sick」は過去のアルバムからインストだけを集めたものです。インストですが彼らの顔、というか表情が感じられる音を出してます。オーケストラサウンドが好きならこちらかな。
そうそう、訂正。56さんのブログのコメントに「ほとんどインスト」と書きましたが、あれはこのアルバムを聴きながらだったため、ついうっかり・・・。
すみません。ちゃんとヴォーカル入ってます、他は。

「blown about moon」はデビューアルバム「alone with~」と「songs for a~」のカップリングです。(少し曲が違うところもありますが)
これはヴォーカルありです。クリス・フーソンの掠れたような哀愁あるヴォーカルが聴けます。
あと、ディスク1と2に同じ「winter song」という曲が入っていますが、アレンジが少し違うので聴き比べるのも面白いかと思います。

どちらもメロディーは凄く良いので買うときの気分で選んでみては?

私はダコタは秋になるとよく聴きます。静かな冷たい冬に備えての準備、といった感じで…。

すご~く長くなってしまいましたね…。ではこの辺で。

どうも有難うございます。コメントとても参考になりました。netで"This River Only Brings Poison"のsand fools the shoreline という曲を聴いてみたのですが、確かにいい感じの声でした。一緒に歌う女性の声も素敵です。lowを聴いてても思うのですが、また素敵な女性ボーカルのバンド、またはソロを探してみようかな、と思いました(何回かやっているのですが、まだこの人!というのは少ないです)。とにかく、返信どうも有難う。では、また☆

56さん、こんにちは。
あんなコメントで参考にしていただければ幸いです。

女性ヴォーカルいいですね。
私は最初女性ヴォーカルが苦手だったのです。甲高いキーンと耳に響く声がダメで…。でもportisheadを聴いてから変わりました。
最近のお気に入り女性ヴォーカルはclear horizonのジェシカです。

Dashboard Confessionalのヴォーカルが以前在籍していたバンドですね。

何曲か聞いたことがあるのですが、いかにもエモって感じでしたね。

エモ好きの僕にとっては、たまらないアーティストです。

それに、クリスの声も好きです♪

リンクの貼り付けの確認をさせていただきました。僕のブログの紹介文が、とても嬉しかったです。

どうもありがとうございました!

yupibackさん、こんにちは。
私もクリスの声はとっても好きです。
このアルバムが一番好きな理由はやっぱりクリスの存在が大きいかな~と思います。

あ、リンク確認ありがとうございます。
yupibackさんのレビューは非常に好きなので、これからもいろいろ参考にさせていただきますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/46-1e5f2754

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。