スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SECRET MACHINES 



2004年にリリースされたデビューアルバム「now here is nowhere」

彼らの作る音楽にはジャンルがない。

音を説明するときに“ジャンル”を目次の役割として使っている私には、これはとっても不便。


全体的な空気感は統一されているのですが、音楽的には統一感がないのです。


ピンク・フロイド、フレイミング・リップス、レッド・ツェッペリン、スピリチュアライズドなどが引き合いに出されていますが、私の感覚ではフレイミング・リップスに一番近いかなと思います。
そこにスピリチュアライズドの壮大な空気感を足した感じ。

あと、曲の端々にプラシーボのような香りを感じられます。
あの独特の妖しさというのでしょうか…。


サウンドもヴォーカルも実にいろんな表情を持っていて曲によってクルクルと変わるため、この1枚で非常にいろんな音楽が体感できます。
3ピースのバンドでありながら濃厚な音を出しています。


そしてやっぱり印象的なのはドラムのリズム。
まず最初にドラムの音が耳につきます。


曲の展開も面白く、長い曲でも聴いていて全く飽きないのはすごいところ。

今から次のアルバムが楽しみなバンドです。

試聴はこちら(purevolume)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/70-eebb1023

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。