スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE PROMISE RING 



今日は大好きなpromise ringのラストアルバム「wood/water」を。

promise ringは1995年、アメリカ、ウィスコンシン州にてcap'n jazz、none left standing、ceilishrineのメンバーらにより結成される。
96年、JADE TREEレーベルから1stアルバム「30°everywhere」をリリース。
デビュー当時のメンバーはデイヴィー・ヴォン・ボーレン、ジェイソン・グネーウィッカウ、ダン・ディディア、スコット・べシュタ。
97年、2nd「nothing feels good」リリース。その後スコット・ベシュタが脱退し、ティム・バートンをメンバーに迎えるが、程なくスコット・ショーエンベックにチェンジ。
99年、3rd「very emergency」リリース。
2000年、ヴォーカルのデイヴィーが脳腫瘍である事が発覚。
4回に渡る大手術を乗り越え、02年エピタフに移籍し、この4thであり、ラストアルバム「wood/water」をリリース。(ちなみにこのアルバムではベースがライアン・ウェバーに)


最初聴いたときは、前作までのプロミスリングと全く違ったので驚きました。以前のような疾走感のあるポップでキャッチーなメロディーを求めていただけに、正直落胆した。(同じような時期にget up kidsもon a wireというアルバムをリリースし、これもまた同じような理由で当時は落胆した)

以前のような疾走感はまるで無く、しっとりと落ち着いた感じ。

しかし聴けば聴くほど味のある良いアルバムであることがわかってくる。

でも、promise ringといい、get up kidsといい、mineralといい…最初あんまり好きではなかったアルバムが今ではとても好き。

(方向転換というのは必ず、どのバンドにも起こる。
人間が時間とともに変わっていくのだから、そこから生まれる音楽も変わって当然。この世には不変のものなんてない)


「物足りない」という声も聞きますが、私はこのアルバムは純粋にいい作品だと時間をかけて思えるようになりました。
もちろん今までの作品とは違った趣向の作品であることに変わりは無いのですが、やっぱり彼らのセンスは生きていると思う。

1曲目size of your lifeはデイヴィーの絞り出すようなヴォーカルが際立つ。

2曲目stop playing guiterはしっとりしたメロディーに哀愁感のあるデイヴィーのヴォーカルが乗る。どのパートも主張しすぎることなく、バランスよく仕上がっている。

3曲目suffer neverは爽やかなキーボードが印象的なミドルテンポの曲。

6曲目get on the floorは一瞬の静寂からグッと広がるスペーシーなサウンド。

11曲目say good bye goodは私のとても好きな曲。
静かにデイヴィーのヴォーカルから始まりドラマティックに広がっていくサウンド、後半のコーラスまで見事に1つの世界を創り上げています。

ボーナストラックもまた素晴らしいので、国内盤をオススメします。

全体的にゆったり落ち着いた感じで進みますが、聴いているうちに体に沁み込んで来るメロディーがとても良いです。


デイヴィーの歌が前面に出された作品だと思います。


きっと何年経っても純度の高いまま保たれる作品。




スポンサーサイト

コメント

私も。

もう承知かと思うけど、プロミスリングもゲットアップキッズも好きです。
両方とも、何だかんだアルバムごとに
変化してて違う作品を作ってて良いですよね。
ちなみに、マリタイムが新作を出して来日するんですよね?

まりこくん、こんにちは。

まりこくんがget up kidsやpromise ringが好きなのはブログを見ていると伝わってきます。
あと、ライアンアダムスとかジェイミー・カラムも。


私もどちらのバンドも非常に好きです。
on a wireも最初は戸惑いましたが、今ではよく聴いています。ちょっと枯れた感じが気に入っています。


>ちなみに、マリタイムが新作を出して来日するんですよね?

マリタイムまで来日ですか…!!。
知らなかった。早速調べてみると、11月の初めですよね。
もういっそのこと、みんなまとめてフェスとして演ればいいのに…とか、ちょっと思ってしまいました(笑)

マリタイム

マリタイムの来日、行けたらいいなぁ~と迷ってます(笑)
ライブの時のキュートなデイヴィのステップが見たい!

GUKの「ON A WIRE」は私も最初は戸惑いました。
けど良いんですよね。
3曲目のライブバージョンも良かったし、ブートレグDVDでの「WALKING ON A WIRE」も凄く良かったです。

どうもこんばんは

恥ずかしながら、僕はプロミスリングはこのアルバムしか聴いたことがありません(このアルバムはとても気に入っています)。この記事をみて、また別のアルバムも聴いてみようと思いました。相変わらずお二人のブログは見ていて参考になります。最近聞きたい音楽が増え過ぎてきて収拾がつかなくなってきました。では、内容の無いコメントでした。また、

まりこくん、56さん、こんにちは。

>まりこくん
デイヴィーは私も見たいです~。
でもこれだけいろんな人が一気に来日すると選びようがなくって困ってしまいます…。

そのDVDは観たことないですね。中古屋で探してみようかな…。


>56さん
私の方こそ、56さんやまりこくんの影響でいろんな音楽が聴きたくなって、更に欲しいCDが増え続けています…。

プロミスリングはもちろんこのアルバムも好きですが、私は3rdの「very emergency」もけっこう好きです。

そういえば、sun kil moonの新作が11月に出るようですね。お金があればすぐに買えるのですが、ほしいものだらけで…少し先延ばしになりそうです。

GUKのライブDVDはブートレグなので
探しにくいかもしれません。

しかも、ライブ自体は良いのですが、
メンバーが今までに無いほどにダサい(笑)
人の事は言えないけど、
もともと男前からは、かけ離れていて、
来日した時は皆、オシャレな時もあったけど・・・。
まぁ、私にとっては特に意味は無く、
ライブが見れるだけで嬉しいし、
手に入れて良かったと思ってますけど(笑)
プロミスリングのライブDVDとかあるなら
欲しいけど、無さそうですよね。

・・・そして

改めて見てみると、そんなダサくも無かったというか、今までと変わらないかなぁ~。
とりあえず、ライアンの舌だしが見れます(笑)
この頃、よくやってましたね。
私はこのブートレグは通販の
コレクターズビデオショップの
AIRS ON LINEで買いました。
ブートは良くないし、画像も微妙だけど、どうしても見たかったので。
けど、ライブはやっぱり良いです。

SunKilMoon!!

なんと!SunKilMoonの新作が出るって本当ですか。今、コメントを読んでいて思わず『マジで!』と言ってしまいました。うわー、こんな情報が得れるからREVさんやまりこくんは素晴らしいです。さすが。現実世界ではSunKilMoonのSの字も会話にでてこないですからねえ…。

"very emergency"はまりこくんも勧められていたし是非聞いてみようと思います。というか実はREVさんのオススメも聴いてみたかったので書いて貰えて嬉しいです。有難う。

*SunKilMoonの新作情報、これから調べてみます。(見つからなかった時はすみませんがまた教えて下さい)。

ではでは、ちょっとテンション上がりました☆

ほう。

SUN KIL MOONは私はまだ聴いたこと無いです。
56さんの興奮を見てアマゾンで少し試聴してみました。
声質や曲の雰囲気が良くて私にも合いそうです。

・・・それにしても、
REVさんや56さんのブログを見てて、
私も欲しいCDが増えてきて、
退職が決まったばかりなので、
良い意味で困ってます(笑)

56さん、プロミスリングの3rdは
とにかくパワーポップって感じで、
例えるならweezerのグリーンアルバムかな?
revさんはどう思いますか?

>まりこくん

確かにブートはなかなか見つからないですね。でもライアンの舌だしは、ちょっと見たいかも。
メンバーは…田舎のお兄ちゃんって感じですよね~。いい意味で素朴な感じはするけど。

そういえばプロミスリングのDVDってないですよね。私もあったら見たいな~。

「very emergency」は、私もパワーポップっていう表現が一番あっている様な気がします。
そしてこのアルバムもまた前作までとはちょっと方向が変わった…というか、とってもストレートな感じがします。
「キュートなパワーポップ」って感じかな。


>56さん
sun kil moonでこんなに反応してくれるとは!!
56さんのブログでred house~やsunkilmoonの文字をよくみかけていたので、以前から非常に嬉しく思っていました。
ほんと日常会話でsunkilmoonなんて言葉が飛び交うことは皆無ですよね。

新作についてはあまり情報もなく、アルバムタイトルが「tiny cities」というのと11月1日が発売日、ということぐらいしかわかりませんでした。

mark kozelekの周辺の情報を探っていたらたまたま見つけてしまい、非常に焦りましたが詳細はよくわからず…です。

The Promise Ring

僕は彼らの
「VERY EMERGENCY」
を持っています。

ここで紹介されている、
「wood/water」
は、名盤と称されることが多く、ぜひ聞いて見たいと思う1枚ですね。

レビューを参考にさせていただきますね♪

yupibackさん、こんにちは。

「VERY EMERGENCY」も良いですよね。
これはだいぶしっとりとした感じになりますが間違いなく名盤だと思います、私は。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/79-07ecff9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。