スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH CAB FOR CUTIE 



9月に新譜を出したばかりのdeath cab for cutie。

新譜がとっても欲しいのだけれど、欲しい物だらけで追いつかない…。

なので今はこの「transatlanticism」を聴いてガマンしています。


この「transatlanticism」は2003年にリリースされた4thです。


とにかくメロディーが良い。
美しくて、切なくて、優しい。
そして繊細。


とっても包容力のあるバンドだと思う。

私にとっては、いつも必要なときには傍にいてくれる。
そんなバンドです。


メロディーの柔らかさと、サウンドの硬さ。

もちろん、全体的な印象は柔らかく暖かい感じがするのですが、フワフワと漂う感じではなく、しっかりとした核みたいなものが根付いている気がする。

それが揺らがないからこそ、空間に広がってくる音にも説得力がある。


美しさや優しさだけではない、人の感情に訴えかけてくる何かを持っている音。


だから絶対にここに帰りたくなる


上手く書けないけど、そんなサウンドです。


アコースティックなナンバーからアップテンポなナンバーまで、幅広く展開していく曲の数々。


心地よいドラムと、切ないメロディーが印象的な2曲目lightness。

キャッチーなメロディーとザクザクしたギターの5曲目the sound of settling。

ベンの透明感溢れる歌声と、美しいピアノが素晴らしい8曲目passenger seat。


どの曲をとっても素晴らしいです。






スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

わたしもデスキャブ、大好きです。特にこの作品は、わたしが彼らの音楽と出会った作品でもあり、ずーっと聴いています。
本当に良い音楽を作っているな、って。ほっと安心しちゃう、彼らのつくる作品は。エモとかそうゆうジャンルを越えて、「良質な音楽」だと思います。
新作(日本盤)は明日発売ですね!

holidayloverさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ほんとに彼らは安心して聴けますよね。懐の広い音楽というか。
どのアルバムも良いので、新作にも期待しています。

新作かなり欲しいのですが、mewもsigur rosも…いろいろほしいのがありすぎて悩んでます。少しずつ買い揃えようかな…。

いいですよね!

やっぱりDeath Cab For Cutieいいですよね!

新作(日本盤)の発売日にタワレコに行ったんですが、在庫切れで手に入れられませんでした…。

手に入れ次第、レビューしたいと思いますので、遊びにきてくださいね♪

このアルバムも好きですね。
特にLightnessは名曲です。

yupibackさん、こんにちは。

yupibackさんの「the photo album」のレビューとか「動くデスキャブ」の記事、読ませて頂いてます。
yahooさんはどうも最近機嫌が悪いらしく、なかなかコメントできずに苦戦しています。プロバイダ、yahooなんですけどね…。

DVDのLightnessがとても良かったんですよね。私はまだこのDVDを観ていないのですが、yupibackさんの記事を読んで、かなり観たくなりました。

国内盤、発売日に在庫切れですか!
それは困りますね…。私もデスキャブは国内盤が欲しいのでちょっと心配です。

ぜひ新譜聴かれたらレビューしてくださいね。楽しみにしています。

また

revさんの影響もあって、
改めて彼らの音楽に興味を持てました。

この作品を聴いてみて、
さり気無い面白さが好印象です。

他にも、ちょこちょこと、
いろいろ聴いてみたいと思っています。

良い音楽が、
人から人へと伝わっていくことを
私は信じたいです。

まりこくん、こんにちは。

デスキャブの良さをあらためて再確認してもらえたようで、良かったです。

私はまだ買ってませんが、新作「plans」もとても好評のようです。

良い音楽がいろんな人に伝わるって良いことですよね。
現に私はまりこくんや56さんの影響で聴きたい音楽がとても増えたし、(あ、ryan adams聴きました。結構好きかも。)確実にたとえ少しずつでも伝わっていくものだと思います。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://verkligen.blog16.fc2.com/tb.php/99-e2168326

Plans /Death cab for cutie

Plansが手元に届いてからもう1週間です。毎日いろんな時間に、様々な感情とともに聴いています。聴くたびに深く好きになっていく、デスキャブらしいALだなあ、と思います。どの曲にも「味わい」があって、それをいっぱいに受け入れて、咀嚼しているかんじです。①Marching B
  • [2005/09/26 23:43]
  • URL |
  • Do you hear what I hear? |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。