スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GREGOR SAMSA 



gregor samsaの3曲入アルバム「27:36」

去年の暮れあたりから嵌ってしまい、ほぼ毎日のように聴いている。

友人からは「3曲しか入っていないのに、そんなに毎日聴いていてよく飽きないね」と笑われるが、好きなのだから仕方がない。


ゆったりと沈んでいくような音に透きとおる女性ヴォーカルと、優しく落ち着いた男性ヴォーカル。
まるでヴェールがかけられているかのような幻想的な音。


しっとりした感じから始まり、中盤の美しく切ないメロディと男女混声ヴォーカル、そして最後に全てがグッと盛り上がって消えていく感覚が素晴らしい。


とても感情的な音楽だと思う。



毎日のように通勤途中に聴いているのだが、出勤時に聴くと現実逃避したくなるのでダメだ。

仕事帰りの疲れた身体と心にこの音楽を与えるのが良いと思う。
少なくとも私はいつも仕事帰りにこのアルバムに慰められている。


前回の続き 

今日は前回の続きということで、またまた今年よく聴いていたものを、さらっとご紹介。

改めて振り返ってみると、あまりに忙しいせいか、基本的に美しくゆったりできるものを聴いていることが多かったかもしれない。



flowing seasonspillowの「flowing seasons」
以前に紹介したpillowとは違うのでご注意を。こちらはイタリアの人たち。ポストロックバンドGiardini di Miroのメンバーのソロワークらしい。
美しく切ないメロディにやられてしまった。
女性ヴォーカルと男性ヴォーカルのバランスも良い感じ。
基本的には緩やかで落ち着ける音楽なのだが、ノイズがあることで、少し硬質な感じを受ける。締まりがある、というのだろうか。
ゆるみ過ぎない、心地よい音楽が今の私にはちょうど良い。

試聴はこちら



as if by ghostsdreamendの2004年リリースの「as if by ghosts」
「maybe we're making~」というアルバムも素晴らしいのだが、なぜか今年はこの「as if by ghosts」を聴く回数が格段に多かった。
私にとって、心を揺さぶられる音、とは彼らの音である。切なさと激情と美しさと温かさ、全てを瞬時に感じることのできる音。
このアルバムを聴いていると、たまに混乱することがある。いろんな感情が一気に湧き出るせいだろうか?

試聴はこちら



belongの「october language」
最初は聴いていていまいちピンとこなかったのだが、最近じわじわと良さが浸透してきたように思う。
チリチリとその辺に散らばって消えていきそうな細かい音の数々。
小さな粒子が丁寧に集められ、また放散されるような感覚が好きだ。
周りの温度を下げるような冷たさを感じる音。
繊細な音の震えがこんなに素晴らしいものだとは思わなかった。

試聴はこちら(1曲だけですが…)



rachel'sの「selenography」
リリースは99年とわりと前のものだが、今年はこれをよく聴いたのだから仕方ない。やはり私はストリングスの音色に弱いようだ。特にここ何年かは。
ストリングスの美しく壮大な音が好きなのだが、このアルバムはそれだけではない。その裏側にある恐ろしいような不気味さも醸し出している。
そして曲の展開が素晴らしく、聴いていて飽きない。
このアルバムを聴くとミュージカルを観ているような感覚に陥る。物語の中にいるかのように。

試聴はこちら



他にもいろいろ書きたいものはあるのだが、終われそうにないので止め。

書き出すとだらだらと長くなるので、いくら時間があっても足りない。


本当に亀より遅いペースでしか更新できないが、いつか1枚1枚じっくり記事にできたらと思う。

今年上半期によく聴いたアルバム 

もうすぐ8月ですね。月日の経つのは早い、早い。

今更ですが、今日は今年上半期によく聴いたアルバムを挙げてみようかなと。

と言ってもいつも通り、今年リリースのものばかりではないので悪しからず。


broken social sceneまずはカナダのバンド(ユニット?)broken social sceneのセルフタイトル。
10人以上のメンバーで構成されている。メンバーは流動的らしく増えたり、減ったりするのだそうだ。
以前から気にはなっていたものの、彼らのアルバムを聴くのはこれが初めて。期待をはるかに超えたアルバムだった。
曲が何とも言えない微妙なニュアンスを持っている。
いろんな要素があって、最初は聴いていて落ち着かなかったのだけれど、そのうちどんどんこのアルバムを聴くのが楽しみになってくる。聴くたびに新しい発見があって新鮮だ。

試聴はこちら(my space)



an august golfalways the runnerの「an august golf」
去年リリースされたデビューフルアルバム。
何度も繰り返されるギターのフレーズが好きでたまらない。それが微妙に変化しながら曲が紡ぎだされていく。
音と音が絡み合って広がっていく感覚が素晴らしい。ヴォーカル入り、インスト、どちらも素敵だ。
電車の中でも、仕事中でも、家でも、擦り切れるぐらい聴いたアルバム。

試聴はこちら(my space)



magnetの「the tourniquet」
静かな空間から抜けてくる声が素晴らしい。
切なくて優しいメロディー、浸透してくるサウンドも凄く良いのだけれど、やはり私が彼の音楽に惹かれる理由は、彼の声だと思う。
単に好みの問題、と言えばまあそれまでですが、私にとっては無条件に受け入れてしまう声。とても自然に歌っている感じが好きだ。

試聴はこちら(my space)




sound insideimmuneの去年リリースされた「soundinside」
彼らはフランスのバンド。ジャケットの写真が素敵で思わず購入。
彼らについて何の知識も情報もなく買ってみたのだが、買って正解だった。全体的にゆっくりとした流れなのだが、いろんな音を入れてくる。広がったり、急にしんとした空気を作ったり、なかなか面白いサウンドだなと思う。
ヴォーカルの男性の声も柔らかく落ち着いていて良い。(1曲だけ女性ヴォーカルの曲あり)

試聴はこちら(my space)



去年の暮れから今年にかけては良いアルバムがとてもたくさんあったと思う。(個人的にそう思うだけかもしれないが…)

とても今日だけでは紹介できそうにないので、また近々書きます。

OCEAN COLOUR SCENE 



更新をサボっている間にもう7月も半分終わってしまった…。
ちょこちょこ覗いて下さっている皆さん、本当にすみません…。



今日はocean colour sceneの97年リリースの3rd「marchin' already」を。

ocean colour sceneといえば前作「moseley shoals」の評価が高いようですが、私はこの「marchin' already」が好きだ。



「moseley shoals」は確かに良い作品だと思う。
1曲目「riverboat song」を聴いた時は素晴らしく良いと思った。
しかし、1曲目が素晴らしすぎたせいなのか、2曲目以降はどうもインパクトに欠ける。どの曲も悪くはないけど、特に良いとも思わなかった。

その「moseley shoals」の1曲目「riverboat song」を上回るのが「marchin' already」の1曲目「hundred mile high city」だ。


とにかくこの曲のギターは恐ろしく格好良い。と私は思う。

高速で疾走しながらうなるギターの音。
切れの良い小刻みなギターの音。

アルバムで聴いても充分格好良いのだけれど、彼らがライブでこの曲を演奏した時は、やはり生音…それはもう凄まじかった。

そしてそのギターの派手さにも負けない、しっかりと響くリズム。
「重い」と言うより、「しっかり」という表現のほうが、私の感覚に近い。うわついたところがないので安心して聴ける。



私が彼らの音楽を好きな理由は、どんなタイプの曲もさらっと格好良くこなしてしまうところ。
「hundred mile high city」のような疾走感のある曲も素晴らしいのだが、2曲目「better day」5曲目「debris road」などしっとりした曲もまた素晴らしい。

バラードでも単に「いい曲」と言うのを超えてしまえる格好良さがある。

7曲目「get brown away」は切ないメロディーと渋いギターで泣かせてくれる。
心地よいリズムと、静と動が上手く組み合わせられていて感動する。


いつまでも聴き続けていても純度の落ちない素晴らしいアルバムだと思う。


試聴はこちら(myspace)

AEREOGRAMME 



aereogrammeの2002年リリースの1st「a story in white」


aereogramme(エアーエオグラム)は98年にグラスゴーで結成される。

メンバーは

Craig B(g.vo)
Campbell McNeill(b)
Martin Scott(dr)
Iain Cook(g.pro)


の4人。

このエアーエオグラムの前身バンドとして、「ギャンガー」というバンドがあったようだ。
(私はギャンガーというバンドについてはよく知らないし、音を聴いたことがないので何とも言えないが)


最初このアルバムを聴いた時は、何とも変なバンドだなという印象を受けたのを覚えている。
このアルバムの感想を、どういう風に言ったらいいのか解らなかった。
当時は、とにかく奇妙なバンドが出てきた、ぐらいにしか思っていなかったが、聴き込んでいくうちに違和感もなくなった。(耳が慣れたのだろう)



静と動が入り混じった音。
しかも「静」と「動」がかなりはっきりしている。

静かに綺麗なメロディーで進んでいると思ったら、突如として轟音に変わる。
なかなか綺麗な良い声で歌を聞かせてくれると思ったら、いきなりシャウトしたりする。

というとても素敵なバンドだ。


美しくて、エモーショナルだと思う。
全体的には起伏が激しくて、聴いていて疲れる方もいるかもしれないが…。


とっちらかった印象もあるが、瞬間的に感情が爆発するサウンドに心を持っていかれる。その瞬間が好きで、現在も聴き続けているアルバム。


試聴はこちら(myspace)

(このアルバムの2曲目「post tour,prejudgement」という曲が試聴できる。私はこの曲がとても好きだ。最後のほうで素晴らしいシャウトが聴ける。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。